--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.08
Mon
もう時間経ちすぎましたが、せっかくなので夏の湖北と奈良の思い出を、写真だけでも。


DSC01302.jpg

DSC01301.jpg

DSC01299.jpg

DSC01298.jpg

DSC01297.jpg

DSC01296.jpg

DSC01309.jpg

DSC01306.jpg

DSC01308.jpg

DSC01305.jpg

DSC01304.jpg

DSC01303.jpg

DSC01313.jpg

DSC01310.jpg


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.08
Sun
7月30、31と長野県上田市に行ってきた。何気に今年3回目の長野!
8月1日開催の上田市の主催(?)サマーウォーズの上映会と見仏を絡めて。
今年はリアルサマーウォーズの年なのです。
映画の設定は2010年の夏。そしてちょうど8月1日は栄おばあちゃんの誕生日!


初日はお寺に行ったり、上田わっしょい(というお祭り)に行ったり。

舞田の辺りにある中禅寺。
前回時間配分間違えて行けなかったので今日こそはー。

DSC01215_convert_20100808180829.jpg



仁王がなんか漫画っぽくて可愛い。
DSC01214_convert_20100808180728.jpg



この中に重文のとっても素敵な薬師如来様が。
DSC01215_convert_20100808180829.jpg


直接すぐそばでは拝めないけど、全然見えます。
なんだか体格がスリムというか引き締まり気味でかっこいい…!
なのに顔は柔和で優しそう。
04-006.jpg
平安時代末から鎌倉時代初期の定朝様式で桂材の寄木造り。

横には手なし神将。こちらも重文。
04-001.jpg

拝観は格子越しなのですが、一応説明テープが流れます。


四角い頭がなんか可愛い…なんかおじいちゃんぽい…。
DSC01217_convert_20100808180908.jpg


おばちゃんがとっても親切で、いろいろ話しかけてくれた。
そしてお茶とおしんこを頂く。美味しかった。



中禅寺を後にし、柳町のルヴァンで明日の朝食のパンを買い、
上田のおまつり『上田わっしょい』へ。

でもお祭りの様子にぽかーんとして写真撮るの忘れたでよ。
男だ女だわっしょいだ わっしょいわっしょい 上田わっしょいー♪

上田駅前。
DSC01218_convert_20100808181040.jpg


夜は草笛のお蕎麦。
自分の中では世界一美味しいお蕎麦。
DSC01219_convert_20100808181119.jpg



そしてこの日は別所森林公園のキャンプ場へ帰る。
キャンプの様子撮ってないなーと思ったら
蛾が怖くてそれどこじゃなかったんね、きっと…。


つづく。翌日は完全にサマーウォーズ。

comment 0 trackback 0
05.26
Wed
写真日記。

福島続き。
二日目の途中からというなんとも中途半端な。

宇内薬師、恵隆寺の後は喜多方ラーメン食べて、それから…

【願成寺】

DSC00951_convert_20100426205147.jpg

誰もいない。
そしてガラスの中におわするのでちょっと残念。
金ピカピカでした。

DSC00954_convert_20100426205339.jpg

そして車で早々に移動します。


【東明寺】


よっくんかりちゃんをストーキングする

DSC00955_convert_20100426205810_convert_20100526195712.jpg

ご住職がなんだかとっても優しくて可愛くてきゅんとしましたね!
お茶を入れてくれてヒーターまで付けてくれて資料を持ってきてくれて
椅子まで出してくれてお話を聞く。
そして撮影自由。

ヤーショーダラーよー ぼくはーたーびだつー♪

DSC00957_convert_20100426205543.jpg

童子より小さい不動明王

DSC00961_convert_20100426205850.jpg

そして矜羯羅は、あばーってなっている

DSC00962_convert_20100426205929.jpg

肝心な阿弥陀三尊の写真がブレブレの真っ黒の何かアレなかんじでした…
嗚呼。
よっくんとこからまた拝借しよう(度々すんません)。

R1016822_convert_20100526200616.jpg




そして最後は、今回の旅のプランナーイチオシの仏像に会えるお寺。

【勝常寺】

まんじまるさんのおっしゃってた腰ミノ仁王像

DSC00969_convert_20100426210110.jpg



国宝の薬師如来さまです!

syojoji_2dyakusinyorai-1_convert_20100526201813.jpg

暗い中で懐中電灯を照らして拝見しました。
なんだか宇内薬師とはまた違った、厳しい表情です。

勝常寺は平安時代初期に徳一様によって開かれたと言われていますが、
薬師堂は室町時代に再建されたそうです。とても雰囲気があって素敵でした。
最後に訪れるにはふさわしい、素晴らしいお寺、素晴らしい仏像。
日光•月光菩薩も十一面観音も美しかったです。収蔵庫も仏像もりだくさん。


そして、外にはなんかいけてるお方が。

DSC00972_convert_20100426210154.jpg


そして勝常寺で福島の仏旅も終わりです。
帰りはのんびり、那須の鹿の湯でのぼせたりしました。真っ赤でした。
いいお湯でした。


また行きたい!

comment 2 trackback 0
05.11
Tue
会津二日目。
早起きして車の中で朝ご飯を食べながら、
どこを見ても山、畑、田んぼな景色を走ります。
(山伏ボーイ:推定年齢50歳も見かけました)
雪の残る山は、午前中に見るととってもきれいです。

この日最初のお寺。

【宇内薬師】

大きなわらじ。

DSC00940_convert_20100426204531.jpg

中へ入ると地域管理人の斉藤さんが笑顔でお出迎え。
御朱印が紙朱印なのを
「筆で書いてやれたらいいんだけどね」と言いながら日付を入れてくれました。
斉藤さんのニコニコっぷりと優しい口調和みますなー。
斉藤さんいいですなー。何かが可愛いー。

はじめに、斉藤さんの講義(?)を正座して聞く。
宇内薬師にまつわるあれこれ。
徳一様の話、地震の話、十二神将に関するなぞなぞなど。
興味深く面白い時間でした。

そしていよいよご本尊と対面。
天女の描かれた垂れ幕を上げるとドーンですよ、本当にドーンと現れましたよ!!!
迫力満点の黒い薬師如来様!

unaiyakushi_big+(1)_convert_20100511225112.jpg


思わず「おおー!!!」と歓声が。

この薬師如来様、
完成を急ぐばかりに寄木も途中で妥協(!?)して大きさのわりに足が薄いんです。
漆を乾かすのに時間がかかる→間に合わない
とのことで重ねちゃったら真っ黒に、
衣から見て、本来はもっと赤かったのでは、と斉藤さんはおっしゃってました。

わけありの薬師如来ですが、それでもとってもかっこよかったです。
今回の旅のベスト3に入れたいです。



【恵隆寺】

宇内薬師のすぐそばです。

御本尊の十一面千手観音は立木で根のついたままの木に彫られています。
その大きさはなんと2丈8尺(約8.5m)。
左右には二十八部衆と風神雷神が安置されています。

立木観音として親しまれているこの千手観音様、なんと足には触っていいそうで。
目の前にある足がまた大きいこと。
そして、自分が仏足を彫った際に、
小刀でざっくり指を切ったことを思い出しました(´・ω・`)

pho-kannon[1]

やー、近すぎて見えない。
大きすぎる。
そして、慈悲に満ちたお顔。好きです、千手観音。
仏ゾーン出身なだけに(´・ω・`)

このお方には実際に目の前で対面して頂きたいです。
垂れ幕の中に入ってお会いするので、
仏像との距離が非常に近く、目の前には足しか見えませんが…。
やー、陳腐な言葉しか出ない自分がアレなんですけども、とにかくすごい。

そして、お昼の喜多方ラーメンを食べに、『はせがわ』へ。

石のテーブルでリズムの練習をするみなさま。

DSC00947_convert_20100426204920.jpg



チャーシューでかい。

DSC00948_convert_20100426205003.jpg

そしてうまいー。食べても食べても底が見えないー。


私はお食事中に幻想水滸伝の話を熱く語りすぎました。ちょっと反省しています。



次回につづく。





comment 2 trackback 0
04.26
Mon
仏像部のメンバーと遠征をしてきました!
行き先は福島。初めてです。
メンバーはよっくん、かりちゃん、カサカワとわたくしの4人。

仏像と旅のスペシャリスト、yokkunさんがコースを立てたり資料を用意してくれました。
(あと写真も何枚か拝借しています、ありがとう)
http://andon21.blog85.fc2.com/
運転やら何やらとにかくありがとう!
かりちゃんなんて徹夜仕事の後にありがとうー!
あなたがいたおかげでお風呂場も怖くなかった。

宇都宮からよっくん、かりちゃんと合流し、福島へ。
車の中ではオザケンがかかると大合唱。
でもかかりすぎて飽きるの巻。

そんなこんなでいざ一寺目。



【陽泉寺】

釈迦如来坐像(重文)

本尊の木造釈迦如来坐像は応安4年(1371)に
乗円が2年がかりで彫り込んだ寄木造りの仏像で国重要文化財に指定されています。

元々陽泉寺近く、城山の麓にある
湖山寺の本尊であったと伝えられる釈迦如来。

南北朝時代の南朝時代の仏像ということで
形はとても綺麗だったのですが像内からの銘文より
製作時期、仏師、仏師の師匠の名前がすべて出てきたという意味で
珍しい仏像であるという話
(※yokkunさんの日記からパクリました)


ご住職にお写真許して頂いてます。

DSC00912_convert_20100426201042.jpg

端正なお顔。かっこよすぎてため息しか出ない。

DSC00914_convert_20100426201120.jpg


R1016807_convert_20100429110053.jpg
四天王が支えてます。


6歳くらいの男の子が釈迦如来の周りをバタバタ走り回って遊んでました。
ご住職がお前も聞いてなさい、いつかやってもらうんだから と優しく注意。
こんな英才教育受けてみたかったですな。





【大蔵寺】


ご本尊は4m近くもある千手観音立像。
かなりどっしりしてますが、大きいだけではなくて対面したときの
スペシャル感というかなんというか言い表せない感動がありました。
お寺の雰囲気とおばあちゃんたち含めて好きです。
30日は般若の行事がどうのこうので観音堂の秘仏もご開帳しているそうな。

おばあちゃん「30日にまた来てね」
一同    「はーい」

無理だ。


以下、他サイト様より抜粋。
大同2年(807)に徳一が開創したと伝えるが、江戸時代の『信達風土雑記』によれば、千手観音の大殿は大同年間(806~810)坂上田村麻呂の草創で、田村麻呂が蝦夷征伐に苦戦した時、千手観音の擁護を受け平定することが出来たことから、舟岡権僧正に命じ千手観音像を造らせ安置したという。僧正は、山中から光を発する霊木を見つけ、本尊千手観音像を造ったという

DSC00917_convert_20100426201411.jpg

めっちゃ咲いてました。
DSC00922_convert_20100426202014.jpg


IMG_0571_convert_20100429110131.jpg

御朱印帳を待ってる間に、優しいおばあちゃんたちがお茶と飴とくれました。
IMG_0546_convert_20100429105937.jpg
旅の一座。まゆげない。






お昼は空cafeへ。
古民家みたいな造りでしゃれおつでした。
お隣にはビッキ沼という観賞料の必要な美しい沼があったけれど、
払わなくても駐車場の横なので丸見えです。水芭蕉があります。
扱ってる雑貨が可愛かったのでかりちゃんと色違いでシュシュを買ってみたり。
やー、ピザおいしかった。コーヒーも挽きたてでおいしいー。


DSC00925_convert_20100426203612.jpg


DSC00927_convert_20100426202242.jpg
店内かわいい

DSC00926_convert_20100426202203.jpg
ピザうまい

DSC00928_convert_20100426202355.jpg
ケーキうまい。というかジャムが良すぎた。お土産にぜひ。

IMG_0576_convert_20100429110207_convert_20100429112025.jpg
良い店でしたなあ。また行きたい。




【龍泉寺】
一日目、最後は龍泉寺。
他のお寺と違ってちょっと怖そうなご住職。
実際はそんなことありませんでした。かりちゃんとお話してルンルン。

観音堂に祀られた聖観音。目と唇の色彩が強いため、アップだときつく見えてしまって
絶対本物にお会いした方がいいのでちょっと遠目に。
ヒノキ材の一木造りだそうです。
DSC00936_convert_20100426202653.jpg


毘沙門天に囲まれている謎の構造。
DSC00934_convert_20100429112820.jpg

DSC00935_convert_20100429112859.jpg
腕とか角度とか…なんか…(´・ω・`)

DSC00937_convert_20100426202741.jpg
算額というんですか?(無知)


日本で二番目にお得な見せを通り過ぎたりしながら会津若松へ。
DSC00938_convert_20100426203949.jpg




会津若松の籠太という郷土料理が楽しめる素敵なお店へ。
芋田楽とか鶏とかおいしかったー!そして、人生で初めてサメを食べました。
カレーも美味しかったけどオイラには辛かったぜ…。唐辛子のとこ食べたんだろうか、ヒリヒリでした。
そして、この日は残念なことに胃が不調すぎて
大蔵寺で会ったおばあちゃんたちのように前傾姿勢になるしかなかった。地面が近い。


夜はみんなで新TV見仏記を見ようと思ったけど
眠すぎたので安倍文殊院まで見たら寝ました。限界でした。



翌日へ続く。
comment 3 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。